トータルビューティー専門学校の卒業までにかかる時間

トータルビューティー専門学校は1年生のものもありますが、ほとんどの学校は2年制となっており2年間で知識や技術を習得し卒業することになります。

トータルビューティー専門学校を卒業すると得られる資格

美容師の国家資格が得られる

試験には合格しなければなりませんが、学校で知識を学び美容師国家資格を取得できます。

JNECネイリスト技能検定

JNECネイリスト技能検定の1級から3級まで取得することができます。

認定エステティシャン

それぞれの学校や民間の認定エステティシャンの資格を取得できます。

色彩技能パーソナル検定

メイクやファッション系の仕事に活かせる色彩技能パーソナル検定が取得できます。

着物の着付の初伝・中伝

美容師やブライダルなどの仕事で活かせる着付けの資格も取得できます。

美容を広く学べる学校

女性と化粧品

美容専門学校は、美容師になるための学校であったというのは過去のものとなり、今ではトータルビューティーを学ぶことができるようになったことは、画期的なことです。特筆すべきことには、カットやカラーリングの技術ののみならず、エステティックやネイルケアについても学ぶことができるのです。美容師として独り立ちをしてからも美容に関する様々な知識が求められる時代ということもあり、トータルビューティーを学べるようになりました。

就職の際に役に立つスキル

化粧をする女性

トータルビューティーを学ぶことが、将来の就職の際の選択肢を広めることに繋がります。専門学校では、ネイルケアや着付けなど幅広く美容について学ぶことができるようになったのです。その背景には、社会のニーズとしてスタイリストに様々な美容の知識を求める様になったことが影響しています。社会に出てから多くのことを学ぶよりも、専門学校生の時にできるだけ幅広い知識を身に着けておくことで、そのスキルが就職してからも活かせることができる点が強みです。美容師として活躍する場合であっても、スタイリングの知識だけでなく、成人式や卒業式に際して着付けの技術があると、仕事の幅を広げることができることができるのが強みなのです。

広告募集中